公共性と公正確保

JRAは、政府(農林水産大臣)の監督下にある特殊法人です。民間企業や他の特殊法人と異なる点は、国庫納付金を納め、畜産振興や社会福祉に貢献していることです。
国庫納付の仕組みは、例えばお客様に100円の勝馬投票券(馬券の正式名称)を買っていただくと、そのうち10円が国庫に納付されるというものです。また、JRAの事業運営の結果、各事業年度において利益が生じた場合には、その額の2分の1が国庫に納付されます。国庫納付金が毎年数千億円にのぼることからも、公共性の高い法人といえます。

JRAの業務の根幹は中央競馬の開催。全国10ヵ所の競馬場で年間36回の開催(1開催は概ね8日間)が行われます。その他にも競馬に関する様々な業務に携わっていますが、JRAが最も重視していることは「公正確保」。より多くのお客様に勝馬投票券を購入していただき、競馬を楽しんでいただくためにはJRAに対する信頼が不可欠です。そのために、あらゆる業務に厳正な姿勢で取り組み、公正確保に最大の努力を払うことで、お客様の信頼に応えています。

お客様の要望に応え多種多様なサービスを実施

昨今のレジャー多様化により、余暇の過ごし方の選択肢が広がる中、競馬も他のレジャーと同様限られたマーケットの中で激しく競い合っています。そういった状況の中で、JRAではまず「公共性」、「公正確保」という理念を第一義に据え、「お客様に楽しく、快適なレジャータイムを過ごしていただく」という考えのもと、高水準のサービスを提供できるよう心がけています。競馬は多くのお客様の支持により成り立っていますので、常にお客様の目線に立ったサービスを考えていかなければなりません。現在、JRAが行っているお客様へのサービスを大きく分類すると、以下の3つにまとめることができます。

競馬そのものの魅力の向上

競馬の魅力にはレースの迫力、賭け事としての面白さ、馬の美しさ等様々な側面があります。そして感じ方は人それぞれなので、お客様の競馬の捉え方や競馬に求めるものも多様です。その中で第一に考えなければならないことは、お客様のニーズに合った競馬番組を提供すること。重賞レース、一般レースの充実と併せて、地方競馬や外国馬との交流レースを増やすなど、JRAではより競馬を楽しむ様々な方法、新しい可能性を常に模索しています。

ハード面でのサービス

お客様により快適かつ安全に競馬を楽しんでいただける環境を整えるとともに、多様化したニーズに対応すべく、各施設の改善を図っております。競馬場については、平成19年に東京競馬場が世界最大級のターフビジョンや様々なアミューズメント施設を備えた競馬場としてリニューアルオープンしました。それ以降、函館競馬場、中京競馬場、札幌競馬場の改築工事を行い、新たなる競馬場空間をお客様に提供しております。また、ウインズ(場外勝馬投票券発売所)においても、ウインズ横浜やウインズ名古屋をリニューアルするなど、ハード面での各種改善を進めています。

ソフト面でのサービス

より多くのお客様が競馬に参加できる様々な手段として、従来の電話投票に加え、平成14年からはインターネットを利用した投票サービス(IPAT)を開始、携帯端末からも勝馬投票券の購入が可能となりました。平成17年には、申し込んだ日から利用可能の新電話投票サービス「即PAT」を開始。また、インターネットを利用した情報サービスの提供により、これまで中央競馬の勝馬投票券を購入しづらかった地域における購入環境を改善しました。

投票方法、いわゆる馬券の種類も、平成14年以降、「馬番号連勝単式(馬単)」、「馬番号三連勝複式(3連複)」、「馬番号三連勝単式(3連単)」を導入しました。それに加え、最高払戻金が6億円となる「五重勝単勝式(WIN5)」を導入し、多くのお客様に楽しんでいただいております。また、投票方法ごとに払戻率の設定を変更するなど、さまざまな施策を実施しています。そして、平成28年にはお客様によりグローバルな視点で競馬を楽しんでいただくために、海外競馬の勝馬投票券の発売を開始しました。

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.