競馬産業の中心に、いつもJRAがある

中央競馬は競走馬の生産者から馬主、厩務員、騎手など、さまざまな専門分野のプロフェッショナルたちによって成り立つ大きなサークル。そのサークルの中心で大きな求心力となり、たくさんのお客様とのパイプ役として機能しているのが、私たちJRAです。

馬の誕生から引退まで

誕生
北海道から九州まで、全国各地で種付け・繁殖を行う生産牧場。そこで誕生する仔馬は年間7,000頭にもなり、市場等で取引された後に馬主の元へと渡ります。ここで必要となる馬主の登録手続きをJRAが行います。
調教
デビューを目指す馬は、民間の育成施設などで初期調教が行われ、その後、JRAの調教施設である美浦または栗東のトレーニング・センターで、優秀な競走馬となるための本格的な調教が開始されます。ここで一切の管理責任を負うのが調教師。馬主から馬を預かり、調教・管理をして競走馬としてレースに出走させるまでの重要な役割を果たします。JRAでは調教師の免許試験を実施。また、競走馬としてデビューさせるために必要な手続き業務も行っています。
出走
調教師や厩務員の手で大切に育てられた馬も、ついにレースデビューを迎えます。競走馬をレースで操るのはもちろん騎手。騎手免許試験を行うのもJRAの業務です。またJRA競馬学校では、騎手の養成の他、厩務員の養成も行っており、競馬サークルにおける人材育成の役割を担っています。
引退
華やかなレース生活を送った後、競走馬はやがて引退の日を迎えます。引退後は生産牧場に戻り、種牡馬や繁殖牝馬として、新たな競走馬を生み出す役割へと活躍の場を移します。こうして循環する競馬サークルの中から、より優秀な血統が生み出され、お客様の記憶にいつまでも残る名馬の誕生へと結び付くのです。

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.