研修などについて

Question入会後の研修制度について教えてください。
Answer昨年、新しく入会した職員が受講した研修を紹介します。昨年は入会直後の4月(約3週間)と8月(約2週間)と2期に分けて研修を実施しました。4月の研修では、JRA全体の業務に関する知識を深めるとともに、社会人としての心構えや礼儀作法を身につけることを目的とし、新人同士寝食をともにしながら、JRA内外の講師による講義・実習、施設見学等を行いました。また、研修期間中の競馬開催日には実際に開催業務を行っている職員の姿を目の当たりにすることで、その責任の大きさを肌で感じ取ってもらいます。
また、8月の研修は、配属先の仕事にも慣れてきた新人に対して、実務に関する深い知識の習得を目的として行います。その一環としてトレーニング・センターや競馬学校といった、競馬を行うにあたって必要不可欠となる施設で研修を行うことで、競馬についての認識を更に深めてもらいます。
新人研修後も階層別の研修、各部署の専門分野に関する研修、更には海外派遣研修など、職員のスキルアップをフォローしていく研修が多種用意されています。
Question新人へのフォロー体制について教えてください。
Answer新人は4月の研修が終了した直後に各部署に配属されますが、そこには「フレッシャーズトレーナー(FT)」が待っています。研修終了後は、実際に仕事を進めながらいろいろ学んでいくことになります(=OJT)が、このFTが新人に対して具体的な仕事の進め方を「マンツーマン」で指導することになっています。「FTといえば親も同然」、JRA内ではそう言われるくらい親身になって教育していきます。
また、1年目から開催業務で執務していただきますが、その現場においても必ずそこでの業務を教える担当者がいます。

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.