佐野 圭輔

現在担当している業務は

■平常業務
競馬場やウインズに掲出するGⅠレースの告知ポスター、雑誌などに掲載される広告を担当し、JRAが運営する競馬サイト「Umabi」の企画・運営にも携わっています。「Umabi」は、競馬ファンはもちろん、競馬を体験したことのない方にも競馬の楽しさを知っていただくためのきっかけづくりを目的としたサイトです。その中で私が行っている業務は、スペシャルコンテンツの企画・運営やオリジナルグッズの企画など。まずは親しみやすさを感じていただけるように、競馬に初めてふれる方の目線に立ったプロモーションを心がけています。
■開催業務
開催日は投票業務に従事しています。競馬場やウインズの投票所で、スタッフの労務管理や発売・払戻金の管理を行うことが主な仕事です。投票所内では責任者としてのリーダーシップが求められますが、自分よりも業務知識や経験が豊富なスタッフが多いので、業務をお願いするときは一人ひとり名前で呼びかけたり、レースの合間に余裕があれば会話をしたり、積極的にコミュニケーションを図るようにしています。また、お客様に快適に競馬を楽しんでいただくために、トラブル発生時には冷静かつ迅速に対応することを意識しています。

JRAを就職先として選んだ理由は

競馬に興味を持つようになったのは大学生の頃です。初めて競馬場でレースを観たときは、たくさんの観客の迫力に圧倒されながらも強い感動を覚えました。JRAを志望した理由は、自分が好きな競馬に関わる仕事をしたいと考えたからです。全国や海外にも事業所があり、将来的にさまざまな土地で仕事をする可能性があること、また平常業務と開催業務という2種類の仕事に携われることも決め手になりました。長い目で見て、業務内容や環境に変化があったほうが自分はモチベーションを維持しやすいと考えたからです。

やりがいを感じることは

自分が担当したポスターや広告が形になり、多くの方々に見ていただくことが現在の仕事のやりがいです。競馬場やウインズにポスターが貼られたり、雑誌が書店に並べられたりするところを見ると、さらに良いものを作ろうという意欲につながります。開催業務では、お客様に対応したときに「ありがとう」という言葉をいただくことが嬉しいですね。入会した当初は目の前の作業をこなすことで精一杯でしたが、次第に業務の全体像が見えてきて、その中で自分の役割を理解できるようになってからは今まで以上に仕事の楽しさを感じています。

これまでに印象深かったことは

印象深い出来事は、私が競馬場で初めて目にしたレースでもある、日本ダービーの開催に携わったことです。当日はウインズで投票業務を行っていましたが、ご来場されるお客様の数が非常に多く、注目度の高さを感じました。レースが始まると、直前まで動いていた発売機の音が止まって投票所全体が静まり返り、お客様が一斉にモニターを見つめる光景がとても印象的でした。終了後は歓声や熱気に辺りが包まれ、多くの人々に夢や感動を届ける日本ダービーというレースの素晴らしさを改めて実感しました。

将来の目標や夢は

今後は競馬や仕事についての知識と経験を深め、将来的には競馬を国際的なスポーツエンターテインメントとしてアピールすることに貢献したいと考えています。自分の身近な人の中にも競馬になじみのない人はまだまだ多く、「競馬=ギャンブル」というイメージを持っている人も少なくありません。しかし、スポーツとして、ドラマとして、競馬にはさまざまな魅力が詰まっていて、楽しみ方は人それぞれです。一人でも多くの方に競馬の楽しさを伝えられるように力を尽くしていきたいと思います。

学生へのメッセージ

就職活動では、高校や大学を選ぶとき以上に多くの選択肢が広がっています。だからこそ、数ある企業や仕事の中から、自分が本当に「やってみたい!」と思える仕事を見つけることが必要です。給与や休暇日数などの条件も会社を選ぶ上で欠かせない要素ではありますが、それ以上に“自分が本当に意欲をもって取り組める仕事かどうか”を見極めることが重要だと考えます。ぜひ自分が何をしたいのかをしっかり考えた上で、就職活動を進めていただきたいと思います。

プロフィール
佐野 圭輔
事務職 プロモーション部 メディアプロモーション課、入会1年目。
1年目~現在:プロモーション部 メディアプロモーション課
※現在地域限定型 2年目に全国型か地域限定型を選択予定

umabi
http://umabi.jp/

umabi http://umabi.jp/

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.