綿貫 晋弥の1day&1week

中学生の時、テレビで観た競馬の迫力に圧倒され、競馬ファンとなりました。馬の躍動感、美しい緑の芝、手に汗握るレース展開。こんなに魅力あふれる「スポーツ」があったのかと感動したのをよく覚えています。就活では、最初から第一志望はJRAでした。ずっと競馬が好きで、競馬の近くで働きたかったのです。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

平常業務

今のシゴトについて、「平常業務」を具体的に教えて!

東京競馬場業務課で勤務しています。業務課の仕事は多岐にわたりますが、基本的には来場されるお客様と接する仕事ではなく、競走(レース)全般にかかわる仕事となります。具体的に言うと、競走馬や厩務員の方々が待機・宿泊をする施設である厩舎の管理、競走馬が安全に競馬場でレースを迎えられるための様々なルール作り、調整ルーム(騎手の宿泊場所)の準備、競馬番組の作成(どのようなレースを組むかということ)といったものがあげられます。また、少し違うところでは競馬場で馬事普及を行っている『乗馬センター』も業務課に属しているのですが、その事務部分も私の仕事となります。

「平常業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

多くの方々と連携しながら仕事を進めていくことが多いので、普段からコミュニケーションを取るように心がけています。実は東京競馬場では業務課のオフィスのみ、他の課と少し離れた場所にあります。だからと言って他の課の方と話をする際にメールや電話で済ませることはせずに、できる限りこちらから出向き顔を見て話をするようにしています。職員の一人ひとりはそれぞれ別の仕事をしていますが、東京競馬場全体が一丸となって競馬開催を支えているということを、いつも心に留めて仕事をしています。また、JRAでは10の競馬場があるのですが、競馬開催時の問題と対処方法等の情報をそれぞれの競馬場で共有しています。この情報を基に、東京競馬場で改善する必要があるか、あるとすればどのような形で対応したらスムーズな競馬の進行に活かせるか考えています。そのために、普段から施設を良く見ておくことも重要となります。

開催業務

今のシゴトについて、「開催業務」を具体的に教えて!

最も大きいのは競走馬の輸送と競馬場での滞在に関する仕事です。開催日とその前後。つまり金曜日から日曜日の間に、競走馬の出入りが集中します。東京競馬場で1日に走る馬は、多いときには200頭近くになることもあります。JRAで走る競走馬は普段、茨城と滋賀にあるトレーニング・センターという施設で過ごしており、競走のあるときだけ出張をしてきます。その出入りに伴う様々な手続きや準備を行っていますが、レース当日にやって来る競走馬もいるので、東京競馬開催中の開催日は朝4時~5時に出勤しています。また、競馬場での滞在中に競走馬が過ごしやすい環境にするため、競走馬の関係者からは様々な要望が出されます。競走馬が万全の体勢で出走できるよう、その要望にたいして準備を行っています。また、GIなどの大きなレースではお客様で賑わいますが、そのような普段と違う環境が苦手な競走馬もいるので、競走馬が多くの時間を過ごすパドック等の場所の近くは、特に注意が必要になります。

「開催業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

まず、基本的にやるべき準備というのは平常業務で行っているので、開催日は何事もなく、スムーズにレースが進行し、競走馬も人もケガなく終わるというのが第一の目標です。競馬開催では、多くの職員が集まってその目標に向かって一丸となっています。私は、東京競馬場の競走に関するエリアについて最も把握していなければならない立場にいます。そのため、東京競馬場で行われているレースは必ず見るようにし、審議や落馬などの競走上の出来事があった場合には、検量室などレース関係者が集まる場所に顔を出すようにして、競馬場に関しての問題や要望があった場合にも素早く対応できるようにしています。このように開催日は自分自身がフットワークよく動くことで、スムーズなレース進行の補助ができるように心がけています。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1day

平常業務の1日はどんなことをするの?

9:00 メールチェック
朝はメールチェックからスタートします。1日に30~40通ほどのメールを処理しています。用件はやはり競走全般に関することが多く、馬の輸送に関する情報から、こまごまとした消耗品の請求まで様々な依頼があります。
10:30 厩舎の確認
開催日に使用した各馬房のチェックを行います。馬によっては馬房で暴れる馬などもいるので、その影響で破損した箇所がないかなど、入念にチェックをします。破損個所があれば速やかに修理の手配を行ないます。また、わらやチップなど馬房に敷く敷料に不足がないかどうかなど事前にしっかりと確認すべきことは確認し、競走馬が来てから困ることが無いようにします。
11:00 資料作成
開催日に関する様々な情報を資料にまとめ、関係各部署に配布します。東京競馬場は広いので、バイクや車で移動することもしばしばあります。業者の伝票チェックや競馬番組の資料作成など、こまごまとしたデスクワークも多いです。
16:00 馬房割り
木曜日にその週に東京競馬場でレースに出走する馬が決まります。東京競馬場内には、馬が待機・宿泊できる厩舎という施設がありますが、これは言わば馬のホテルですね。ホテルでいうところの部屋割りを作成することを、馬房割りと呼んでいますが、その週に出走する競走馬の関係者から様々な要望を聞きつつ、どの馬も滞在中によいコンディションを保てるような馬房割りが作成できるよう、頭を悩ませます。
金曜~随時 入厩立ち会い
その週に出走する競走馬が茨城県の美浦トレーニング・センター、滋賀県の栗東トレーニング・センターからやって来るので、その入厩に立ち会います。競走馬専用のトラックが到着する時刻はだいたい決まっているのですが、少しでも到着が遅れると何かあったのではないかとドキドキしてしまいます。道路状況についても常に気を配り、交通渋滞が発生したときは、ドライバーにルート変更を伝えるといったやりとりも行います。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1week

競馬場勤務の1週間を教えて!

水曜日:平常業務 厩舎の状態を確認
レース開催日は早朝に出勤しますが、平常業務時は9時が始業です。月・火の2日間で生活時間を戻し、水曜日から1週間がスタートします。開催明けの水曜日は、開催中に厩舎などで破損した場所がないかの確認を行います。また、検量室、ジョッキールーム、調整ルームといった管轄施設で不具合がないか、必要なものが不足していないかなどの確認も行い、週末に向けて必要な対応を速やかに行います。その他にも各種伝票の整理や資料作成などは、できるときにすぐ行うよう心がけています。
木曜日:平常業務 馬房割りの作成
水曜日同様、引き続きデスクワークを行います。また、週末に開催されるレースに出走する馬が木曜日に決まります。そのため、それが決まり次第、速やかに馬房割りを作成します。翌日には到着する馬もいるため、馬房の準備は速やかに行わなければいけません。だからこそ様々な要望をすり合わせた馬房割りを木曜日中に完成させなければいけません。
金曜日:平常業務 競走馬がやって来る
開催日の前日には、いよいよ厩舎に馬がやって来ます。その前に、事前に依頼した修復箇所がきちんと修理されているかを再確認します。また、各馬房の敷料がそれぞれの要望にあったものとなっているか、厩舎全体に問題はないか、神経をとがらせます。競走馬はナイーブな動物なので、目隠しが欲しいといった依頼を受けることもあります。中には、なかなか厩舎に入りたがらない馬もいるのです。すべての馬を受け入れるまでは落ち着けません。
土/日:開催業務 早朝から長い1日が始まる
レース当日に到着する馬の受け入れを行うため、朝4~5時に出勤します。平常業務時に働いている場所とは別に、スタンドに分室が設けられています。レース中はそこに詰めて、競走中に発生したトラブルの対応、各部署からの問い合わせ対応、検量室のサポートといった様々な業務を行っています。レース終了後も、帰っていく馬の輸送対応や翌日の準備などに追われ、19時頃にようやく長い1日が終わります。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.