木下 遥の1day&1week

阪神競馬場では、ファン投票により出走馬が決まる「宝塚記念」、満開の桜を背景に行われる「桜花賞」など見応えのあるレースが開催されています。コースの向こう側に六甲山を臨む景色は、数ある競馬場の中でも有数の美しさであると言えるでしょう。もともと競馬が好きで入会したこともあり、自分の好きなことに関わっていられるJRAの仕事にやりがいを感じています。今後は、より競馬に近い業務に携わり知見を広げていきたいです。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

平常業務

今のシゴトについて、「平常業務」を具体的に教えて!

勝馬投票券、いわゆる馬券の発売・払戻を支えるスタッフの労務管理や投票に関わる各種機械管理の統括が私の主な仕事です。平日は、開催日の業務を円滑に進めるための事務作業が中心となります。また、馬券を特製ポチ袋に入れて販売する「おみくじ馬券」など、馬券発売に関わるイベントの企画・運営も担当業務の1つです。そのほか、年に数回、近隣のカルチャースクールが主催する競馬初心者向けの講座の中で「馬券の買い方・楽しみ方」についてレクチャーすることもあります。

「平常業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

運用における問題点やスタッフからの提案は、平日のうちに対応策を講じて、翌開催日までに体制を整えなければなりません。そのため、スピード感をもって仕事を進めることを心がけています。時間が限られている中で苦労する点もありますが、平常業務の成果は開催日にすぐに現れるのでやりがいも大きいです。また、イベントや講座を行うときは「どうすればお客様に喜んでいただけるか」を第一に考え、できるだけ親しみやすく多くの方に楽しんでいただけるように工夫しています。

開催業務

今のシゴトについて、「開催業務」を具体的に教えて!

阪神競馬場の開催日には、300人近くのスタッフが従事しています。スタッフの労務管理を行う点は平常業務と同じですが、開催日は事務作業よりも直接スタッフと向き合う時間が大半です。各勤務場所を巡回して勤務状況の把握や意見交換を行い、場合によっては面談も実施します。また、馬券の発売・払戻に必要な資金の準備や最終的な取りまとめも重要な役割です。そのほか、「おみくじ馬券」などのイベント実施日にはその運用管理も担当しています。

「開催業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

開催業務は主に「人対人」の仕事なので、スタッフとの会話を大切にしています。もし重大なトラブルが発生した場合は当然スタッフから報告がありますが、実際はそれ以外にも「報告するほどでもない」と感じているような疑問や意見を抱えている場合が少なくありません。そのような潜在的な課題は現場で働いていなければ気がつかないことが多いものです。こちらから積極的に声をかけ、何か改善できる点はないか、目に見えない課題を引き出せるように努めています。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1day

平常業務の1日はどんなことをするの?

9:00 メールチェック
出勤後、まずはメールをチェックします。前日までに仕事のスケジュールはあらかじめ決めていますが、届いたメールの中に急ぎの用件や重要事項が含まれている場合は予定変更が必要です。業務の優先順位を改めて見直し、1日の流れを再確認してから仕事に取りかかります。
10:00 課内での情報共有
スタッフからの要望・提案や開催日に生じた問題点、今後の課題などについて課内で情報を共有します。スタッフから寄せられる声は、運用上の質問のほか、備品や職場環境に関する意見、相談など様々です。課員それぞれが個別に受けている問い合わせを共有し、意見を出し合うことによって最善の解決策を検討します。
13:00 各種資料の作成
情報共有を行い、業務体制や運用の変更が決まったら必要な資料を作成します。たとえば、投票所の資金量を見直す場合、現金の輸送業者に渡す資料、スタッフに渡す資料、そして私自身が管理する内部資料などを修正しなければなりません。変更点はわずかでも、多くの資料を修正して開催日に円滑に運用できるよう整えておくことが求められます。
15:00 機器メーカーと打合せ
私が管理を担当している硬貨計数機や紙幣選別機などの各種機器は、使用年数や状態に応じて更新が必要です。更新の際はメーカーの担当者と打合せを行い、仕様を確定させて入札の下準備を整えます。機器の購入や更新を検討するときはスタッフの声が重要な判断材料となるため、直接現場に足を運び、正確に現状を把握することを心がけています。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1week

競馬場勤務の1週間を教えて!

水曜日:平常業務 運用における改善策の検討
開催日に生じた事例やスタッフの意見などを整理し、運用を改善できる点がないか検討します。問題を先延ばしにせず、水曜日のうちに今後の指針やスケジュールを固めておくことが重要です。また、水曜日には開催日における勝馬投票券の発売データが集計されているので、必要に応じて資料を作成し関係各所に連絡します。
木曜日:平常業務 各種資料作成・イベントの準備
他部署に提出する資料の作成など各種事務作業が中心です。たとえば、お客様からいただいた接客へのご意見や巡回中に感じたことなどを整理して、スタッフの講習資料を作成します。また、「おみくじ馬券」の発売日前は、当日イベントスタッフが使用する資料や掲示物、販売場所となるテントや備品の準備が必要です。当日の運用がスムーズに進行するように事前にしっかりと準備しておきます。
金曜日:平常業務 開催に向けて業務の最終チェック
平日にやり残したことや仕事の漏れがあると、開催日の業務に支障をきたすことになってしまいます。開催日はイレギュラーな対応に追われることも多く時間に余裕がないので、必要な資料に不備がないか入念に確認しておくことが大切です。金曜日のうちに業務の最終チェックを行い、万全な状態を整えます。
土/日:開催業務 投票業務に欠かせない人や資金の管理
開催日は普段よりも早い時間に出勤し、資金の準備を行います。その後スタッフの出勤状況を確認し、欠勤者がいる場合は配置移動の指示を出すなど業務を効率よく進められる体制を整えます。競馬場開門後は、スタッフの勤務場所の巡回を行い、各所でコミュニケ―ションを取りながら運用上の改善点などを確認していきます。また、問い合わせ対応や、突発的に起こった事象にも臨機応変に対応していくことが大切です。そして、1日の終わりには、各投票所から戻ってくる資金を取りまとめます。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.