木地 杏佑美の1day&1week

京都競馬場は、春の天皇賞や菊花賞など数々のGⅠレースが開催される競馬場です。場内には四季折々の花が植えられていて、中央池では白鳥が優雅に泳ぐ姿も見られます。私が競馬場に初めて足を運んだのは大学生の頃でした。間近で見る馬の美しさや迫力に魅了され、この魅力をぜひ多くの人に伝えたいと考えたことが入会を決めた理由です。将来的には、競馬の魅力を広く発信していけるような業務にも携わってみたいと思っています。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

平常業務

今のシゴトについて、「平常業務」を具体的に教えて!

京都競馬場で働く職員の出勤管理や給与に関する事務を中心に行っています。また、職員の手当に関する手続きも私の仕事です。JRAでは各種制度や福利厚生により、職員が安心して長く働くための環境を整えています。各種手当や制度について、職員からの問い合わせや相談の窓口を務めるのも人事厚生係の役割です。給与、労務、厚生など内容は多岐にわたり、個々の状況によって適用範囲や条件が異なるので日々勉強が欠かせません。また、各種申請書の作成や開催日に使用する物品の管理なども行っています。

「平常業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

個人情報の取り扱いやお金に関わる業務が多いので、間違いがないように確認を怠らないこと、判断に迷ったときは上司に相談することを心がけています。地道な作業も多いですが、職員にとって当たり前の日常を支えていくために欠かすことのできない業務です。また、JRAには産休・育休など様々な制度があります。職員から相談を受ける機会も多く、一人ひとり親身になって対応することを大切にしています。そして、職員からいただく「ありがとう」の言葉が仕事のやりがいやよろこびにつながっています。

開催業務

今のシゴトについて、「開催業務」を具体的に教えて!

開催業務の中にも2つの役割があり、開催ごとに交互に担当しています。1つは事務所に在席して来客や電話対応などを行う業務、もう1つはスタッフの労務管理です。総務課では、主に接遇関係を担当する部署に約80名のスタッフを雇用しています。スタッフの労務管理全般を担当し、働きやすい環境づくりを推進することが私の役割です。開催日はスタッフがいる場所を巡回して意見や要望などをヒアリングし、問題を把握した上で改善につなげていきます。

「開催業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

スタッフが働きやすい環境を整えられるように、積極的にコミュニケーションを図ることを大切にしています。スタッフは年上の方が多く、業務知識や経験も私より豊富な方ばかりなので、業務をお願いするときには納得していただけるよう言葉遣いなどにも気をつけています。1年目は対応の仕方がわからず悩むこともありましたが、最近は相談される機会も少しずつ増えてきました。そのようなときは「信頼していただけているのかな」とよろこびとやりがいを感じます。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1day

平常業務の1日はどんなことをするの?

9:00 メールチェック
出勤して、まずはメールチェックを行います。受信するメールの内容は、人事からの依頼事項や各課から届く出張に伴う必要書類の作成依頼など様々です。締め切りのある仕事は、確実に期限を守れるように卓上カレンダーにメモしておきます。その後、今日やるべきことの優先順位を確認したら1日の仕事のスタートです。
10:00 職員の給与確定
毎月の職員の給与確定も責任ある仕事です。給与確定を行う月初めの時期はとくに忙しくなりますね。具体的には、一人ひとりの出勤簿を見ながら時間外勤務が正しい時間につけられているかなどを細かくチェックしていきます。給与に関わる事務は間違いがあってはいけないので、必ず課内で何重にも確認を行います。
13:00 開催日における問題点の改善
お昼の休憩は12:00から1時間。ランチは仲の良い先輩たちと事務所の食堂で食べることが多いです。その後は、開催日にスタッフから依頼された書類の作成や、開催日に生じた細かい問題点などの解決策を上司と相談します。こういった日々の業務の積み重ねが、スタッフとの信頼関係の構築につながっていきます。
15:00 事務処理や書類作成
職員から提出された各種手当は、支給条件を満たす月から確実に支給されるように処理を行います。手当や制度についてわからない点があるときは、曖昧なまま進めるのではなく、本部などに確認した上で的確に対応することを心がけています。また、随時、職員の出張に伴う各種必要書類の作成も行っています。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1week

競馬場勤務の1週間を教えて!

水曜日:平常業務 開催明けの事務処理
水曜日と木曜日は、デスクワークが中心です。水曜日は、開催日にスタッフから依頼された各種証明書を作成したり、開催中にできなかった事務作業をまとめて処理します。また、スタッフに向けて行う打合せ資料の作成や来賓室で使用する備品などの準備も開催日までに行います。
木曜日:平常業務 職員からの問い合わせ対応
各課の職員出張に伴う諸事務など、随時発生する依頼にも対応します。競馬場で働く職員にとって、人事厚生係は総合窓口のような役割です。手当の申請や給与など幅広い問い合わせが寄せられるため、その対応に時間をかけることも多いです。手当や制度に関わる業務は奥が深く、日々新しい発見があります。
金曜日:平常業務 開催日前の課内での打合せ
開催日の業務を円滑に進められるように、前日に総務課員が集まって打合せを行います。打合せが始まる夕方までに他の業務を終わらせる必要があるので、金曜日は少し慌ただしいですね。打合せでは、来賓室・来賓席の利用状況や総務課が担当する特別レースの表彰式の進行などについて全員で共有します。その内容に基づいて、開催日に使用する備品などをすべて準備しておき翌日の業務に備えます。
土/日:開催業務 スタンド業務または事務所での対応
接遇に携わるスタッフの労務管理を担当するときは、朝一にスタンドに移動してスタッフの出勤を見届けた後、各部署を巡回して要望や問題点などをヒアリングします。京都競馬場内はとても広く、10ヵ所ほどの部署を回ってスタッフの方々と話をする必要があるため、できるだけスピーディに移動することが重要です。朝からフル回転で歩きまわると、1日があっという間に感じられます。また、事務所に在席するときは、お客様からのお電話やスタッフからの問い合わせへの対応、来賓のお客様へお車の手配などを行い、運営全体をサポートしています。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.