辰巳 愛弥

現在担当している業務は

■平常業務
開催日における来賓席利用状況の集計や報告、平日の団体公園利用や駐車場利用をはじめとする競馬場施設の貸出など、事務作業を中心に行っています。また、開催日前の準備作業も欠かせない業務です。来賓名簿の作成、来賓室の準備、表彰式で使用するリボンなどの備品の作成や発注、イベントや接遇で使用する備品の調達などを行います。万が一、来賓名簿や来賓室に不備があるとお客様に迷惑をかけてしまうことになるため細心の注意が必要です。開催日までの時間は限られていますが、できるだけ丁寧に、かつ迅速に作業を進められるよう心がけています。
■開催業務
午前中は来賓席の受付、来客の接遇、事務所での各所からの連絡・問い合わせ対応などを数名でローテーションを組んで行います。来賓席の受付では、お名前や人数、ドレスコードなどを確認してお席をご案内します。お客様に失礼のないように常に笑顔で臨機応変に対応することが重要です。また、午後からは、総務課が担当する勝馬関係者の表彰式をサポートします。司会を担当するときには大変緊張しますが、会場全体の空気を読みながら話すタイミングなどを調整し、想定外のことが起きても柔軟に対応できるように常に冷静さを保つことを意識しています。

JRAを就職先として選んだ理由は

私の家は阪神競馬場の近くにあり、幼い頃から幼稚園の遠足などでたびたび競馬場を訪れたことがあります。また、父が競馬好きということもあって学生時代から競馬を身近に感じていました。その中で“人に夢や感動を与えられる”という点に魅力を感じ、そのような仕事に自分も携わってみたいと考えたことが入会を志望した理由です。地域限定型勤務を選べることも、両親のそばで働きたいと考えていた私にとっては魅力的でした。産休・育休を取得する人も多く、女性が安心して働ける環境が整っている点も、入会して改めて「JRAを選んでよかった」と感じるところです。

やりがいを感じることは

来賓のお客様の対応は緊張感を伴うため、トラブルなく無事に1日を終えられたときはホッとすると同時に達成感を味わえます。投票券発売所に従事するときは、接客には正解がありませんので対応に難しさを感じる場合も少なくありません。そのようなときに私が大切にしているのは、笑顔を忘れずお客様のお話にじっくりと耳を傾けることです。馬券の購入をお手伝いしたり、お問い合わせに迅速にご対応できたときなどは、お客様から感謝の言葉をいただくことも多く、お役に立つことができたという嬉しさとやりがいを感じられます。

これまでに印象深かったことは

印象に残っている出来事は、近隣の幼稚園に通うお子さまが親子遠足で競馬場にいらっしゃったときのことです。競馬場では幼いお子さまにも馬に親しみをもっていただけるように、馬のアトラクションや体験乗馬、ポニーとのふれあいなど様々な馬事イベントを実施しています。私はイベントの司会を担当したのですが、子どもたちが「かわいいね」と言いながらポニーをなでたり、キラキラと目を輝かせて馬を見つめる様子がとても印象的でした。たくさんの笑顔にふれ、このような活動に積極的に取り組むことも競馬への理解を得るために大切なんだと実感することができました。

将来の目標や夢は

まずは、地道な業務を積み重ねていくことです。担当している業務は事務作業が大半なので、確実に迅速に仕事を進めることを心がけ、少しずつ責任ある業務を任せてもらえるように成長していけたらと思います。まだまだ改善すべき点も多いですが、入会1年目の頃に比べると、仕事の幅も広がり、仕事に対する意識も変化してきました。これからも日々多くのことを学びながら様々なことにチャレンジをしていきたいです。

学生へのメッセージ

JRAの仕事は、本当に多くの人と関わる機会があります。出張も多く、定期的に人事異動があり、開催に従事するスタッフや関係者もたくさんいます。人とコミュニケーションを図ることが好きな人にとっては、とても魅力的な職場だと思います。また、平常業務と開催業務の2つの仕事を経験できることもJRAならではの特色です。変化を好む人や好奇心旺盛な人はきっと楽しみながら仕事に取り組むことができると思います。そして、仕事を通して様々な人と出会う中で自分も大きく成長できる環境です。

プロフィール
辰己 愛弥
事務職 阪神競馬場 総務課、入会2年目。
1年目~現在:阪神競馬場 総務課 総務係
※地域限定型で勤務

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.