池崎 亜矢子

現在担当している業務は

■平常業務
会計課では、職員への給与支給、騎手・馬主へ賞金の振込み、イベント事業に関わる取引先への振込みなど多岐にわたる支払事務を行っています。その中で私の担当業務は、本部で働く職員の開催出張に関わる旅費の支給のほか、本部内で発生する金銭の出納管理および帳簿作成です。大きなレースの開催時には、職員の出張が多くなるため作業量も増えます。金銭を取り扱う仕事なので間違いが生じないように、忙しいときも相互確認を怠らず、丁寧かつ迅速に作業を行うことを意識しています。
■開催業務
投票所の責任者として、お客様対応やスタッフの労務管理などを行う投票業務に従事しています。平常業務同様、金銭に関わる仕事なので、お金の管理には細心の注意を払っています。投票所にいらっしゃるお客様の中には、ご年配の方も少なくありません。そのため、どのようにお話をしたら伝わりやすいかを常に考えて対応するように努めています。また、レースの締切間際には投票所内が慌ただしくなりますが、お客様に安心して勝馬投票券を購入していただくために、常に柔らかい物腰で落ち着いた対応ができるように心がけています。

JRAを就職先として選んだ理由は

就職活動を進める上で、「日本中どこにいても共有できるエンターテインメントを提供したい」という思いがありました。JRAを志望するきっかけとなったのは、大学の授業で実在の競走馬を題材にした『シービスケット』という映画を観たことです。たくさんの人々が特別な思いをもってレースに臨んでいることを知り、人々に夢と希望を与える競馬の素晴らしさに感動しました。また、子どもの頃に地元の競馬場へ家族で遊びに行ったことも私にとって大切な思い出です。家族みんなで楽しめて、全国どこにいても同じレースを共有できる、競馬というエンターテインメントに魅力を感じて入会を決めました。

やりがいを感じることは

職員の日々の仕事を支える会計業務は、地道な作業も多いですが、やりがいも大きい仕事です。支払事務を通して各部署が行う業務内容について学ぶことができるほか、多種多様な支払事務を着実に処理することで自分自身の成長につながっていると思います。とくに年末の決算時は忙しい日々が続きますが、すべてのレースに関わる支払事務のチェックを無事に終えたときには大きな達成感を味わうことができます。また開催業務では、お客様の笑顔や感謝の言葉をいただいたときに、仕事のやりがいを感じます。

これまでに印象深かったことは

新人の頃に配属されたホームページチームでの経験は、さまざまな仕事で活かされていると思います。JRAのホームページ更新をはじめ、Facebookや「Umabi」サイトの立ち上げなどに携わり、自分の発信する情報がお客様にダイレクトに届くという責任とやりがいを感じながら仕事をしていました。そのときに先輩方から学んだ“お客様にとってのベストは何かを最優先に考えて仕事をする”という姿勢は今も忘れないようにしています。

将来の目標や夢は

競馬は地域や場所を問わず、どこにいても感動や興奮を分かち合うことができるスポーツエンターテインメントです。将来的には、これまで培ってきた知識や経験を活かし、ソーシャルメディアを通して幅広い競馬の楽しみ方を提供できたらと考えています。私自身が子どもの頃に競馬場へ連れて行ってもらったように、女性やお子さまなど普段なかなか競馬にふれる機会がない方々にも競馬の魅力を感じてもらえるような出会いのきっかけをつくることが目標です。

学生へのメッセージ

就職活動を始める前は、自分がJRAで働くとは思ってもみませんでした。私がこの仕事に出会えたのは、授業で観た1本の映画、幼少期の思い出、趣味との共通点など、何気ないことがきっかけになりました。趣味や好きなことなど、なぜ自分がそれに魅力を感じるのかを突きつめて考えることで、仕事をする上で大切にしたい思いが見えてくると思います。みなさんもぜひ就職活動を通して自分を知るとともに、夢をもって働くことができる企業と出会ってください。

プロフィール
池崎 亜矢子
事務職 経理部 会計課、入会3年目。
1年目~2年目:本部 お客様事業部 接客事業室 お客様サービス課 (ホームページ担当)
3年目から現職
※地域限定型で勤務

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.