上野 雄二

現在担当している業務は

■平常業務
主な業務は、競走馬の病気の治療です。トレーニング・センターの競走馬によくみられる疾病は、細菌やウィルスによる感染症や消化器疾患、骨折や跛行などの運動器疾患ですが、ここでは、多数の獣医師が相談して方針を決定し、治療を進めています。また、私が所属する防疫課では、伝染病予防のために入厩検疫や定期健康診査を実施しているので、それらがスムーズに行えるよう計画立案し、必要な器材を調達する役割も担っています。
■開催業務
現在の主な業務は2つ。1つは競馬場の診療所に待機して、出走後の競走馬の治療をする診療係。出走後の馬は診療所に立ち寄ることになっているので、そこで目に入った砂を洗い流し、故障がないかどうかを確認する仕事です。このとき異常があれば、事後の指示を出したり、状況によっては応急処置を施したりします。馬場に待機し、競走中に故障した馬を救護する事故馬救護係を担当することもあります。

JRAを就職先として選んだ理由は

競馬場もウインズもない鹿児島県出身なので、正直、競馬やJRAについてはほとんど何も知りませんでした。JRAを意識するようになったのは、大学の研究室で競走馬の治療に携わり、その後トレーニング・センターでの研修に参加してから。最新の医療機器を備えた施設、そして先輩方が後輩の面倒をしっかり見てくれる職場の雰囲気に魅力を感じました。面倒を見るというのは、例えば業務終了後、後輩の技術向上のために注射の練習に付き合ったり、包帯の巻き方などを教えたり。そんな先輩方の姿を見て、すばらしい職場だと思ったのです。

やりがいを感じることは

競馬の主役は競走馬。馬の生涯には育成期や繁殖期など区切りがありますが、サラブレッドが一番輝くのは競走期だと言えます。その一番輝ける時期に、彼らが輝くための手伝いをしているということに、大きな責任とともに、やりがいを感じています。モノを言わない彼らのために何をしてあげられるか、最良のコンディションで出走させるためにはどうすればよいか。これらを考え、実行するためには厩舎の方々との信頼関係が大事なので、気になることがあれば、呼ばれなくても厩舎に出向くようにしています。

これまでに印象深かったことは

1頭の競走馬に多くの人々が関わり、夢を託すのが競馬。特に印象深かった出来事というよりも、診療を通じて関わった競走馬が勝利し、厩舎の方々と喜びを分かち合えることがうれしく、「勝ったよ、ありがとう」の一言は、毎回、私の心に響いています。獣医職としての仕事ではないのですが、入会1年目の研修時にGI競走の勝馬を目の前で見たときには、サラブレッドという生き物のすごさに鳥肌が立ったことを覚えています。

将来の目標や夢は

まだまだ、目の前の仕事で手いっぱいの日々なので、まずは、早く一人前の獣医師として認められるようになること!JRAには、さまざまな分野の高度な専門知識や技術に精通している先輩方が数多くいます。そんな先輩方のように、私も努力と経験を重ね、厩舎から厚い信頼を寄せられる獣医師になりたいです。手術室に入るとき、以前はオマケのような存在だったのですが、最近、メンバーの一人として数えてもらえるようになってきたことがうれしいですね。一歩前進、です!

学生へのメッセージ

すばらしい競馬を開催すること、これがJRA職員の仕事です。トレセンの獣医師は裏方なので、競馬開催に携わっているのだと毎日実感できる仕事とは言えませんが、開催業務で競馬場に行き、自分が関わった馬の名前を聞くと、充実感に加えて、自分もやはり競馬開催を支える一員なのだ、と。また、競走馬の診療や治療以外にも、JRAには獣医師ならではの活躍の場がたくさんあり、非常に魅力的な職場です。頑張ってください。

プロフィール
上野 雄二
美浦トレーニング・センター 防疫課、入会4年目。
1年目:美浦トレーニング・センター 診療課
2年目から現職

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.