加藤 みのりの1day&1week

ずっと馬が好きでした。中学生のとき、新潟競馬場で見たレースの迫力を今でも忘れることができません。キラキラと光るきれいな競走馬やゴール直前の歓声…、あのとき感じた競馬場の素晴らしさを、もっと多くの人に伝えていければと考えJRAに入会しました。私は地域限定型としての採用なので全国に転勤することはありません。生まれ育ったこの街で、これからもずっと競馬の魅力を広めていきたいです。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

平常業務

今のシゴトについて、「平常業務」を具体的に教えて!

お客様事業課の安全対策係として、競馬開催に向けた準備をしています。開催ごとのスタッフの雇用や館内の掲示物作成、必要物品の管理、場内へ入るための通行証作成などが主な平常業務です。新潟競馬場では年3回、春、夏、秋にレースが開催されます。それ以外にも、毎週末に全国の競馬場でレースが行われ勝馬投票券の発売をしています。通常は5~6千人、新潟競馬場でレースがあると1万人以上のお客様が県の内外から来場されます。お子様からご高齢の方まで、誰もが安全・安心に楽しめるよう準備を怠りません。

「平常業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

独断で仕事をしないことです。会社の規則に則っているか、それは本当に必要なものなのか、優先すべきことは何なのかなど、2年目の私にはまだまだ判断できないことが多いのです。何か疑問や気になることがあったときは、かならず上司に相談することを心がけています。一方で、仕事には責任感が必要だと考えています。みんな同じ仕事をしているようで、実際には一人ひとりが大切な業務を任されているのだと1年目の途中に気がつきました。自分に任された仕事に責任を持って取り組まないと、全体が回らないのだと心に留めています。

開催業務

今のシゴトについて、「開催業務」を具体的に教えて!

開場にあわせて多くのお客様が指定席券を購入されます。そのため、私が朝いちばんで行う仕事は指定席券発売のための各種準備を整えることです。それを終えたあとは、1日を通して、必要物品の調査、入場人員の集計などを行います。その間にもスタッフやお客様から電話・無線でさまざまな問い合わせがあるため、1日のレースが終了するまで気が抜けません。

「開催業務」を行ううえで、どんなことを心がけているの?

入場人員の集計やスタッフの給与計算など、お客様事業課では数字を扱う仕事が多いため、間違いのないよう入念なチェックを心がけています。入場人員は新潟競馬場だけでなく、JRA全体のお客様総数にも関わってくるので、何度も読み合わせを行い、複数の目でチェックするようにしています。また現場で働くスタッフの声を聞くため、できるだけスタッフの控え室に足を運び、直接コミュニケーションをとるようにしています。

  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1day

平常業務の1日はどんなことをするの?

9:00 出勤
新潟市内の自宅から車で通勤しています。冬場は雪が降ったり道が凍結したりで、ハンドルを握る手も慎重になります。出勤したら、まずはメールチェック。毎日10通ほどのメールに目を通します。締め切りのある依頼があれば、その締め切り日時をスケジュール帳に記入することも忘れません。それから今日やるべきことの優先順位を確認して、仕事に取りかかります。
10:00 事務処理
土日の開催で集まった書類をデータ化し、新潟競馬場の入場人員や指定席発売実績の統計資料を作成しています。それ以外にも新潟開催後は様々な統計をとりまとめているため、それらを1日ごとにまとめ、見やすいように整理します。また、こうした統計資料については、次回開催までにそのフォーマットを整えるなどの準備を進めておくことも必要です。これらの作業はすべてパソコンで行うため、平日の午前中はデスクワークが中心となります。
13:00 書類確認
新潟競馬場の周辺にはお店がないので、お昼は職員食堂でいただきます。職員同士、アットホームなランチタイムを過ごしています。午後は、各所から届く請求書や業務の報告書などを確認します。日付や数字など、契約内容と違いがないか入念なチェックを心がけています。また、課員のスケジュール把握にも努めています。
15:00 掲示物の準備
週末の開催に向けて、競馬場内に貼り出す掲示物の作成や、お客様向けの資料を作成します。掲示物はどうしても、日焼けによる劣化やテープの粘着力低下をふせぐことができません。お客様が目にするものなので、少しでも見づらくなっているようであれば作り直すようにしています。ここでも、誤字や誤表記がないように、注意しながら作成するようにしています。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

1week

競馬場勤務の1週間を教えて!

水曜日:平常業務 開催明けの事務処理
開催明けの水曜日は、開催日に管轄している各所からの報告書をまとめたり、データを整理したりと、開催中にできなかった仕事をまとめて片付けます。平日はオフィスで、開催日はスタンドの事務室で仕事をしているため、2つのデスクを往復しながら業務をすすめています。デスクワークのみではないので、1日がとても早く過ぎていきます。
木曜日:平常業務 スタッフの通行証作成
週末の開催に向け、スタッフや業者から競馬場通行証の申請が上がってきます。これがないと競馬場内の出入りもできません。申請書に従い、人数分の通行証をラミネート加工して作成します。新潟開催前になると申請の数が増えるため、開催に間に合うよう内容をきちんと精査した上で段取りよく進行するようにしています。
金曜日:平常業務 開催の準備
開催前日の最終準備を行います。お客様向けの案内資料や館内に貼り出す掲示物を完成させ、場内に掲示・設置します。お客様がいない広い場内を歩くと、とても新鮮な気持ちになります。これは職員ならではの特権ですね。また、私に任された開催日の主な仕事に、スタッフの管理があります。そのため早出をするスタッフ、休みをとるスタッフをシフト表で把握しておき、翌日からの開催に備えるようにしています。
土/日:開催業務 スタンドで
朝いちばんは、指定席発売のための準備や補助。その後はスタンドの事務室に待機し、電話や無線でスタッフからの問い合わせに対応します。1時間ごとに入場人員の報告が上がってくるので、その集計をし、前年比などのデータを皆が見られるホワイトボードに記入しておきます。その間にスタッフの勤怠管理や控え室の巡回、インフォメーションに寄せられるお客様のご質問への対応なども行っており、あわただしく1日が過ぎていきます。すべての仕事に職員とスタッフがひとつになって取り組み、無事に開催を終えられたとき仕事のやりがいを感じています。
  • 業務内容
  • 1day
  • 1week

PAGE TOP

Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.